いぼ痔の治療で最近注目されている「ジオン注射」とは

2018/9/6

山本 康博 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 呼吸器内科医

山本 康博 先生

過度のいきみや血行障害によって生じる、辛い「いぼ痔」の症状。これまで、いぼ痔治療は手術が一般的でしたが、近年ではジオン注射も注目されています。
今回は、いぼ痔治療のうちジオン注射について、治療内容や治療後回復までにかかる時間、治療のメリット・デメリットなどをご紹介していきます。

新しいいぼ痔の治療法「ジオン注射」とは?

ジオン注射は正式名称を「硫酸アルミニウムカリウム水和物・タンニン酸」といい、ALTAとも呼ばれる治療法で、日本では2005年から行われています。
従来、いぼ痔は内痔核(ないじかく)と呼ばれるいぼや脱肛部分を手術で取り除くことで治療していましたが、治療効果に1年以上の持続性がないのが問題点でした。

しかしジオン注射は、Ⅲ度以上にまで進行した比較的重度のいぼ痔でも、手術をせずに注射のみで、半永久的な効果を得られる治療法として注目されているのです。

ジオン注射の治療って痛いの?

ジオン注射によるいぼ痔治療では、まず脱肛している内痔核に直接薬剤を注射して流し込み、痔核への血流を低下させます。

注射は1つの痔核に対して4回、4か所に分けて行い、しっかりと痔核に薬剤を浸透させていきます。これにより、血流が低下した痔核は固く小さくなって粘膜に固定されて脱肛が治まることで、いぼ痔による痛みが改善されるという仕組みです。

なお、ジオン注射は肛門付近または下半身だけに局所麻酔を投与し、痛みを感じない内痔核に直接行うため、痛みを感じることはほとんどありません。また、傷口を切ったり出血するというリスクもないため、基本的には入院の必要なく日帰りで治療を受けることが可能です。

ジオン注射をした後、回復するまでにどのくらいかかる?

以下に、ジオン注射によるいぼ痔治療を行った場合の、一般的な経過をご紹介します。

施術当日
投与後30分~1時間は、麻酔の影響がなくなり状態は落ち着くまで安静が求められます。
麻酔が解け、特に身体に違和感や異常が見られなければ、そのまま帰宅して問題ありません。
施術翌日
通院して、薬剤を注入した患部や肛門付近の状態を医師に診察してもらいます。
痛みや出血、発熱などの症状が起こっていなければ、特に問題はありません。
施術から、2~3週間後まで
胃がむかむかして気持ち悪い、肛門付近に違和感がある、発熱、排便困難などの気になる症状が現れた場合は、施術を受けた病院に行って医師に診てもらいましょう。
ただし、上記のような症状が特になく、経過に問題がない場合は医師が指示する頻度での定期健診のみ受診すればOKです。なお、医師の指示で入院してジオン注射を受けている場合は、施術から3~7日後が退院の目安となります。
施術から、約1年後まで
処置をした痔核の大きさや数、予後など患者の状態によっても異なりますが、医師の指示に従って定期的に経過観察のための通院を行います。
ただし、医師から指定された通院までの間に気になる症状が現れた場合は、適宜連絡をして対応を相談してください。

ジオン注射によるいぼ痔治療のメリット・デメリットは?

最後に、ジオン注射によるいぼ痔治療のメリット・デメリットをご紹介します。

ジオン注射のメリット

  • 注射だけで、いぼ痔の根治が期待できる
  • 手術ではないので、大きな痛みもなく日帰りで治療を受けられる
  • 手術では治療が難しい抗凝固薬を服用中の患者でも、治療を受けられる

ジオン注射のデメリット

  • まだ治療開始10年ほどのため、長期的な予後や再発率のデータが少ない
  • 効果的なのはⅡ~Ⅲ度の進行度までで、Ⅲ度後半~Ⅳ度以上は十分な効果が望めない

ジオン注射によるいぼ痔治療を受けるかどうか判断するうえで、参考にしてください。

おわりに:「ジオン注射」は、手術なし・日帰りでいぼ痔治療が可能な治療法

排便時に出血や痛みなどの症状を伴ういぼ痔の新しい治療法として、2005年から行われるようになった注目の治療法が「ジオン注射」です。手術ではないため治療中の痛みや出血はほとんどなく、日帰りの施術でも根治状態を目指すことができます。ただし、比較的新しい治療のため予後に関する情報が少なく、進行度によっては有効でないケースもあります。詳しくは肛門科の医師に相談してください。

関連記事

この記事に含まれるキーワード

痛い(12) 治療(462) 注射(11) 回復(8) メリット(38) デメリット(26) いぼ痔(22) ジオン注射(5)