いぼ痔は自然治癒するもの?どうすれば早く治る?

2018/9/3

山本 康博 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 呼吸器内科医

山本 康博 先生

三上 貴浩 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 医学博士

三上 貴浩 先生

排便するときに出血や痛みを伴ういぼ痔は、とても辛い症状です。かといって病院に行って診察を受けるのは恥ずかしいと考える人も多いですが、早く治すためにできることはあるのでしょうか?
今回はいぼ痔の治し方について、自然治癒の可能性もあわせて解説していきます。

いぼ痔って自然治癒するの?

いぼ痔には肛門の内側、直腸内にできる「内痔核(ないじかく)」と、肛門の外側の皮膚にできる「外痔核(がいじかく)」の2種類があります。

内痔核の特徴

  • 肛門の中、直腸にできるため外からは見えず、排便時の出血で気が付くことが多い
  • 知覚が少ない場所にできるため、痛みはあまりひどくない

外痔核の特徴

  • 肛門の外側にできるため患者本人が視認でき、大きくなると日常生活に影響する
  • 排便時の違和感や痛みで気が付くことが多い

上記のうち、外痔核は初期段階であれば自然治癒するケースがあります。一方で、内痔核が自然治癒する可能性はかなり低く、放置するとどんどん悪化して、直腸が肛門外に出てしまう脱肛(だっこう)を招いてしまいます。外痔核・内痔核いずれのいぼ痔でも、基本的には自然治癒するケースの方が珍しく、病院での治療が必要な病気と認識しておきましょう。

いぼ痔はどうすれば治る?

以下にいぼ痔を内痔核と外痔核に分けて、それぞれの一般的な治療法をご紹介します。

内痔核の治し方

まずは3~4日間、座薬や内服薬で消炎鎮痛剤を服用して痛みと腫れを抑えていきます。
主に症状の進行度が1~2度の患者に対し行われる治療法で、経過が良好であれば投薬開始から3~4週間ほどで血栓が体内に吸収され、治癒します。

投薬で症状が改善されない場合や、日常生活に支障をきたすほど痛みや異物感が強い場合は、局所麻酔でな痔核そのもの、または中の血豆のみを摘出します。

主に症状の進行度が3~4度以上の患者に対し行われますが、基本的に入院の必要はなく、日帰り手術と2~3日の通院だけで済む場合がほとんどです。

外痔核の治し方

基本的には、生活習慣の改善と軟膏・内服薬の投与だけで治癒するといわれています。
しかし外痔核が大きくて非常に痛みが強い場合は、皮膚内部の外痔核そのもの、または外痔核と一緒に伸びてしまった皮膚と一緒に手術で切除して治療します。

おわりに:いぼ痔は放っておくと悪化する!早めに病院で治療を受けよう

いぼ痔のうち、外痔核の初期段階なら自然治癒するケースもあるものの、基本的には外痔核・内痔核ともに放っておくと悪化していきます。このため、肛門に違和感を感じた時点で早めに病院を受診し、適切な治療を受けることが大切です。外痔核・内痔核のいずれも、初期であれば投薬のみで治療が可能です。重症化して手術が必要になる前に、恥ずかしがらずに肛門科を受診してください。

関連記事

この記事に含まれるキーワード

薬(189) 治療(462) 手術(138) いぼ痔(22) 内痔核(16) 外痔核(14) 自然治癒(11)