大腸がんが最も転移しやすいのはどこ?転移した場合の治療法は?

2018/9/18

山本 康博 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 呼吸器内科医

山本 康博 先生

大腸がんが転移しやすい場所はどこなのでしょうか?また、転移した場合はどのような治療を行うのでしょうか?大腸がんの転移について解説していきます。

大腸がんが最も転移しやすいのは?

大腸がんとは、結腸・直腸・肛門などの大腸に発生するがんで、良性ポリープががん化した腺腫と、粘膜から直接発生するタイプに分けられます。日本人ではS状結腸と直腸に発生することが多いとされています。

大腸の粘膜にできたがんが大腸の壁を侵入して突き破ると、腹腔内に散らばったり、大腸の壁の中にあるリンパ液や血液を介して、リンパ節や他の臓器(肝臓、肺など)に転移しはじめます。その中でも、大腸がんは肝臓に転移することが最も多く、大腸がん全体の20~30%の割合で手術時や再発時に肝臓に転移します。
そのため大腸がんの治療では、肝臓の転移を治療することがとても重要となります。

大腸がんが肝臓に転移した場合の治療法は?

大腸がんの肝転移では肝切除治療が最も有効とされており、切除することにより良好な予後が期待できます。具体的な肝臓転移の治療は、状態に応じて以下の治療法を組み合わせて行います。

肝切除手術

転移の箇所が1個の場合が最も治りやすいとされていますが、転移が多数見られる場合でも手術治療が可能です。ただし、転移が多数の場合は手術を2回に分けて行うこともあります。また、手術後に再発した場合でも再度切除することで治療が可能です。
なお、転移の数が多い、大きい、大血管に付近にある場合は、手術前に化学療法で小さくしてから行うことがあります。

化学療法

大きさ、数、肝臓以外に転移が見られるなどの理由で切除が難しいと判断された場合は、抗がん剤を使用した化学療法を行うことがあります。また、切除前に小さくすることを目的に行われることもあります。

ラジオ波治療

手術を行わずに体外から針を刺してがんを焼き溶かす治療方法で(手術を行い直接肝臓に刺すこともあります)、切除手術と比較すると出血量や身体への負担が少ないとされていますが、切除と比べて再発率が高いため、切除が困難な部位に転移している場合や、体力面で手術に不安がある場合に行われます。

大腸がんが肝臓に転移したときの5年生存率ってどのくらい?

大腸がんが肝臓に転移した場合に一つの目安とされるのが、「5年生存率」と呼ばれるもので、1980年代には5年生存できる確率が20~30%と考えられていましたが、現在では50%を超えるといわれています。

また、以前は手術不可能だとされていた転移が多数見られるケースでも、化学療法や塞栓術と呼ばれる血管を閉塞させる治療方法を組み合わせたり、2段階手術を行うことにより切除が可能となるケースが多くなるなど、治療面でも以前と比べて進歩が見られています。

おわりに:大腸がんは肝臓への転移が最も多い

大腸がんは肝臓に転移することが最も多く、大腸がん全体の20~30%の割合で手術時や再発時に肝臓に転移するとされています。しかし、大腸がんが肝転移した場合でも肝切除治療という有効な治療法があり、切除することにより良好な予後が期待できます。また現在では、大腸がんが肝臓に転移したときの5年生存率は50%を超えると言われており、治療面でも以前と比べて進歩が見られています。

関連記事

この記事に含まれるキーワード

大腸がん(27) 抗がん剤(22) 肝切除手術(1) 肝臓転移(1) ラジオ波(1) 5年生存率(1)