自律神経の乱れが微熱の原因?どうすれば熱が下がるの?

2018/9/13

山本 康博 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 呼吸器内科医

山本 康博 先生

自律神経は体温を調節する働きもあるので、自律神経が乱れると微熱が出ることがあります。
この記事では、自律神経の不調から起こる体調の変化について説明しています。
自律神経の不調を改善するためのちょっとした工夫も紹介しているので、試してみてください。

自律神経が乱れると微熱が出ることがあるの?

自律神経には、体温を保つ、食物を消化する、心拍の速度などをコントロールする働きがあります。
そのため、自律神経の機能に異常が起こると体温が調節できなくなり微熱が出ることがあります。

自律神経には交感神経と副交感神経の2つがあり、お互いにバランスをとりながら機能しています。
心や身体にストレスが溜まるとこのバランスが乱れ、さまざまな症状が引き起こされるようになるのです。
このような状態を、自律神経失調症と言います。

自律神経失調症の症状には以下のようなものがあります。思い当たる症状がある場合は、一度病院で診てもらいましょう。自律神経失調症と診断する前には、様々な病気(感染症など)を除外する必要があります。

自己判断で間違ったセルフケアをしないよう、くれぐれも気をつけてください。

主な症状

  • 発汗過多
  • 手足の震え
  • めまい、ふらつき
  • 耳鳴り
  • 疲労感、易疲労感
  • 微熱
  • 不眠
  • 動悸、息切れ
  • 食欲不振
  • 下痢
  • 便秘

自律神経が乱れて微熱が出てしまうのはどうして?

自律神経失調症の原因はストレスと考えられがちですが、発症には複数の要因が絡みあっていることも少なくありません。そのため、原因の特定は非常に難しいといわれています。
主な原因には以下のものが挙げられますので、気になるものがあるなら、ひとつずつ改善していきましょう。

生活リズム

生活リズムを崩す原因となる、不規則な生活です。夜更かしや夜勤などでの夜型生活などは特に気をつけた方が良いでしょう。子供のころから不規則な生活習慣を送っている場合は、さらに自律神経失調症を引き起こしやすいといわれています。

ストレス

職場や学校での人間関係などの社会的ストレス、精神的ストレス、環境の変化などのストレスが溜まると、自律神経失調症を引き起こしやすくなります。

体質

子供の頃から嘔吐や下痢をしやすい、環境が変化すると眠れなくなるなど、体質的に自律神経が過敏な人もいます。思春期や更年期、身体が弱っているときは自律神経のバランスが乱れやすくなるので注意が必要です。

性格

断ることが苦手、感情の処理が苦手、気持ちの切り替えが上手くできない、人の評価を気にしすぎる、人と信頼関係を結ぶことが苦手、依存心が強い、ストレスに対する抵抗力が弱い、などの傾向が見られる人は自律神経失調症になりやすいといわれています。

環境の変化

上記で説明したように、環境の変化はストレスになります。環境の変化には、転勤や部署移動などの仕事の環境の変化やもあれば、季節の変わり目や気温や気圧などの天候の変化などがあります。

女性ホルモン

女性の場合、閉経に向けて女性ホルモンの分泌量が変化します。この時期を更年期と呼びますが、この変化が自律神経に影響を及ぼします。また、症状の出方は女性ほどはっきり出ないことが多いですが、男性にも更年期があるので、同じように自律神経失調症の症状が出ることがあります。

微熱を下げるために、どうやって自律神経の乱れを整えればいい?

微熱が出たときには、以下のことを試してみましょう。

休養
仕事の合間に、外の空気を吸う、簡単なストレッチや体操をするなどして、リフレッシュをする時間を取るようにしましょう。そして、仕事が終わった後や仕事が休みの日は気分を切り替え、きちんと休息を取りましょう。
意識を変える、発散する、溜めこまない
気分が落ち込んでいるときは物事を否定的に捉えがちです。否定的な考えを持つことはストレスが溜まりやすく、自律神経の乱れを助長します。ストレスを溜めこまないように気分転換することはもちろんですが、あまり物事を深く考えないようにしたり、楽観的に考える癖をつけた方がいいでしょう。
自己暗示
「自分はきっとやれる」と自己暗示をかけると、あせらずマイペースに落ち着いて対処しやすくなります。今までは嫌で嫌で仕方なかったことや、プレッシャーに感じてたことも、大したことではないと感じるようになるかもしれません。

そして、ストレスが溜まると心だけでなく体にも力が入ります。硬くなった筋肉をリフレッシュするだけで、気持ちの緊張がほぐれることがあります。
次に紹介する方法は場所を選ばずできる対処法です。職場や学校、緊張状態が続いたときなどに試してみてください。

  1. 肩や腕など、大きな筋肉に力を入れた状態で、6~7秒間保持します。
  2. その後、入れていた力をスッと抜き、10秒間ほどリラックスします。

力を抜く際は、一気にだらーっとさせることがポイントです。
お好みで音楽を流したり、アロマテラピー焚くとさらにリラックスできますよ。

栄養補給

自律神経の働きを正常化するには、栄養補給も重要です。

ビタミンB群
神経を正常に働かせるために必要なビタミンB群は、強いストレスが持続することにより消費される量が急激に増えるため、積極的に摂取しましょう。
ビタミンC
ストレスを感じると、全身の抵抗力を高めるために副腎皮質ホルモンの分泌が促進されるのですが、その合成にはビタミンCが必要不可欠となります。
ビタミンA、ビタミンE
ビタミンAやビタミンEには自律神経の働きを調節し、症状を緩和させる作用があります。
カルシウム
イライラを鎮静させる効果や、不眠解消の効果があります。

ただし、いつまでも微熱などの体調不良が続く場合は重大な病気が潜んでいる可能性があります。自己判断せず、早めに病院で診てもらいましょう。

おわりに:原因不明の体調不良が続くのは自律神経失調症かも

自律神経には、体温を正常に保つ働きもあるため、自律神経のバランスが乱れると微熱が起こることもあります。自律神経の働きを正常に保つためには日頃から、ストレスの解消、心身のリラックスなどを行うことが大切です。また、原因不明の体調不良が続く場合は自己判断せずに医療機関で診てもらいましょう。

この記事に含まれるキーワード

ストレス(363) セルフケア(22) 微熱(20) 自律神経失調症(26) 自律神経(33)