更年期に胃の痛みや不快感が出てくる原因は?どうすれば解消する?

2018/9/29

山本 康博 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 呼吸器内科医

山本 康博 先生

閉経によるホルモンバランスの変化に伴い、ほてりや多汗など、さまざまな症状が出ることで知られる更年期障害。その症状の1つには、胃の不調も含まれています。
今回は更年期に起こる胃の痛みや不快感について、その原因や症状を緩和させるためにできることをご紹介していきます。

更年期に胃の痛みといった不快感が出るのはどうして?

更年期障害の1つとして胃の痛みや不快感が現れるのは、閉経に伴うホルモンバランスの変化と、胃の働きを司る自律神経が密接に関係しているためです。
自律神経には本来、ほどよい緊張状態を維持する「交感神経」と、リラックスして心身を休める「副交感神経」が、適宜切り替わることで心身の健康を保つ働きがあります。

しかし、更年期に入って女性ホルモンの一種エストロゲンの分泌量が低下すると、自律神経のバランスが乱れ、交感神経が優位な状態が続きやすくなります。
交感神経が優位になると常に心身が緊張した状態が続き、胃の機能低下から消化不良による胃もたれやむかつき、胃の痛みなどを引き起こすようになるのです。

更年期の胃の痛みはどうすれば和らぐの?

更年期による胃の痛みは、日ごろの生活や食事の習慣を工夫することで緩和できます。
以下に、更年期による胃の痛みを和らげるのに効果的な対策をご紹介します。

  • 冷えは消化機能を低下させるので、冷たいものは避けて温かい飲食物を摂るようにする
  • 料理には生姜や鶏肉、鶏・豚レバー、サバなど、身体を温める作用のある食材を使う
  • 食欲がないときは、少しでも食事が楽しくなるよう食器やテーブルセットを工夫する
  • 食べやすく消化に良い、具材を柔らかくなるまで煮込んだスープを積極的に食べる
  • 食欲や胃の調子にあわせ、食事の回数や1回あたりの量は柔軟に変えていく
  • 更年期によるストレスを和らげ、食欲を増進させるために適度な運動をする
  • 胃や腸の調子を整える「足三里」や「三陰交」などの足つぼを押してみる

おわりに:更年期に胃が不調になるのは、自律神経が乱れているから

更年期に分泌量が少なくなる女性ホルモン・エストロゲンは、自律神経の働きにも大いに影響を与えています。更年期に胃の痛みや不快感に悩まされる女性が多いのは、このためです。更年期で胃の調子が悪いときは温かく消化に良い食事を摂るようにし、適度な運動も行って心身の調子を整えるとある程度緩和されますので、実践してみてください。

関連記事

この記事に含まれるキーワード

更年期(40) 胃痛(34) 胃の不快感(2) 胃の痛み(4)