胃を全摘出した後の食事の摂り方のコツは?外食はもう行けないの?

2018/10/7

山本 康博 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 呼吸器内科医

山本 康博 先生

胃を全摘出したとしても、基本的にどのような食品でも食べることはできます。しかし、手術から1年程度はなるべく消化によい食品を食べたり、1回の食事量を減らしたりすることが大切です。今回は、胃を摘出した後の「食事のポイント」についてご紹介します。

を全摘出したら、どうやって食事を摂ればいい?

胃を全摘出した場合、食事の内容や回数、量などに注意するといいでしょう。とくに手術から1年程度は、腸などの調子に合わせて食事方法などに気をつけるべきです。それでは「具体的にどのような点に注意すべきか」について確認してみましょう。

なるべく消化のよいものを食べる

胃の全摘出後は、なるべく消化のよい食事にするといいでしょう。たとえば、主食には全粥、煮込みうどんなどを、メインには煮魚、スクランブルエッグなどがおすすめです。ただし、食物繊維が多い食べ物は消化しにくいので、最初は少量にしておきましょう

また、調理の際は「細かくきざむ」、「よく煮込む」、「ペースト状にする」など、消化しやすいように工夫するのもおすすめです。なお、調理の際は油を少なくすると、胃腸への負担も少なくなります。

1回の食事量は減らし、1日の食事回数は増やす

胃を全摘出すると、胃の代わりに腸が消化の役割を担うことになります。そのため、なるべく腸に負担をかけないためにも、1回あたりの食事量を減らすようにしましょう。また、1回あたりの食事量を減らす分、食事回数は合計5回~6回程度(朝昼晩と間食を2~3回)に増やすといいでしょう。そして、必要な栄養はしっかりと摂るようにしてください。

全摘出後でも安心して食べられるものは?

手術直後は、消化のよい食品を食べることが大切です。そして、自分の体調などに合わせて、徐々に食品や食事のバリエーションを増やすようにします。それでは、「胃の摘出後に安心して食べることができる食品や食事」について確認してみましょう。

朝食にはどんな食品がおすすめなの?

胃を全摘出しても、炭水化物や乳製品、肉類、魚類、野菜、果物など、さまざまな食品を食べることができます。その際、炭水化物は全粥やうどんなどにしたり、肉類は鶏ささみにしたりなど、なるべく胃腸に負担の少ないものを選ぶことがポイントです。また、食事のときには主食、主菜、副菜、汁物など、バランスのよい献立にするといいでしょう。

間食におすすめの食品・献立について

胃の摘出後は、必要に応じて間食をとることも大切です。そのときにおすすめの食品には、乳製品(ヨーグルトや牛乳など)、果物(バナナやりんごなど)、菓子類(ビスケットやカステラなど)があります。また、コーンフレーク粥や小さなサンドイッチ、ホットケーキなどもおすすめです。職場環境などに合わせて、食べやすいものを選ぶといいかと思います。

寝る直前はジュースなどで済ませましょう

胃の摘出をした後は、なるべく睡眠直前に食事をしないほうがいいです。なぜなら、寝る前に食事をすると、消化液が逆流し、朝に胸焼けなどを起こす可能性があるからです。ただし、もし我慢できないようであれば、ジュースなどで済ませるといいでしょう。

全摘出後は気をつけたほうがいい食べ物は?

胃の全摘出後には、「消化の悪い食品」と「刺激の強い食品」などに気をつけた方がいいでしょう。これらを食べると腸などに負担を与えてしまい、体調不良の原因になってしまう場合もあります。とくに、手術後すぐの場合は控えるようにしてください。

消化の悪い食品を控える

胃の摘出後には、「食物繊維の多いもの」はなるべく避けたほうがいいです。具体的には、ごぼう、たけのこ、れんこん、海藻類、キノコ類、パイナップル、かんきつ類などです。また、天ぷらやフライなどの「油分の多いもの」も消化が悪いので注意してください。

なるべく刺激の強い食品を控える

胃の摘出後は、刺激の強い食品は控えるようにしてください。たとえば、食事では辛いもの、熱いもの、冷たいものなどがあり、飲料では濃いコーヒーやアルコール類などがあります。食事をして何ともなくても、摂りすぎはよくないので注意してください。

全摘出後は外食もあきらめるべき?

胃を全摘出した場合であっても、外食を楽しむことはできます。その際は「消化のよい食事」と「栄養バランスのとれた食事」を意識するといいでしょう。たとえば、メインは煮魚や湯豆腐、卵料理などにして、ご飯や汁物なども一緒に食べるといった具合です。また、油を多く使っている食事(中華料理や揚げ物など)は避けた方がいいです。このように術後でも外食はできるので、メニューに気をつけて食事を楽しんでください。

おわりに:食品や献立に気をつけて、食事を楽しむようにしましょう!

胃を摘出したあとも、食品やメニューなどに気をつければ食事を楽しむことができます。そのため、最初はなるべく消化のよい食品・食事にして、徐々にバリエーションを増やしていくといいでしょう。なお、胃切除後の食事について気になることがあれば、ご自身で判断するのではなく、担当医などに相談することが大切です。

関連記事

この記事に含まれるキーワード

胃の全摘出(2) 胃の全摘出後の食事(1)