気になる口臭の原因が逆流性食道炎?臭いを消すにはどうすればいい?

2018/10/12

山本 康博 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 呼吸器内科医

山本 康博 先生

口内環境の悪化や胃の不調など、口臭が起こる原因にはさまざまな可能性が考えられますが、その1つに逆流性食道炎も挙げられます。
今回は口臭と逆流性食道炎の関係と、逆流性食道炎による講習を克服するための治療法やポイントまで、解説していきます。

逆流性食道炎口臭の原因になるって本当?

一般的に口臭の原因として思い浮かぶものといえば、緊張や生活習慣による唾液の減少や虫歯、歯周病、舌苔(ぜったい)など口の中のトラブルをイメージしますよね。

しかし、実は口内トラブル以外の原因でも、口臭の悪化は起こり得るのです。
例えば、扁桃腺炎や慢性鼻炎、副鼻腔炎など鼻・のど・口につながる胃や食道の病気も口臭原因となり得るもので、逆流性食道炎もその1つです。

逆流性食道炎による口臭悪化の場合、食べ物や膿のような臭いでなく、胃液が逆流することによってすっぱいようなにおいがするのが特徴です。
また、食道・胃の疾患からくる口臭のため、歯磨きやマウスウォッシュなどで口内環境を整えることによる治療は、難しくなります。

逆流性食道炎を治して、口臭の原因を元から断とう!

逆流性食道炎による口臭をなくすには、根本原因である逆流性食道炎を治療し、治していくしかありません。
ここからは、逆流性食道炎を治すために「日常生活でできること」と「病院で受けられる治療」に分けてご紹介していきます。

日常生活でできること

  • カフェインやアルコールなど、胃酸の分泌・逆流に影響する食事を控える
  • 酸味の強いもの、香辛料、甘いものなど胃に負担がかかるものを摂りすぎない
  • 油を、より消化に負担のかからないオリーブオイルに変える
  • 前かがみの姿勢や、腹部を締め付ける服装など、胃に圧力がかかる習慣をやめる
  • 横になるとき、就寝時間は食後すぐのタイミングを避けて胃からの逆流を防ぐ

病院で受けられる治療

  • 胃酸の分泌を抑制するPPIやH2ブロッカーなどの成分を含む、胃薬を服用する
  • 食道の運動を活性化し、胃酸の逆流を防ぐ作用のある消化管運動機能改善薬を服用する
  • 再発を繰り返し、食道狭窄などに進行するようなら外科手術も検討される

逆流性食道炎を疑うような症状があり、すっぱいような臭いの口臭が気になるなら、一度消化器科や内科で医師による診察を受けてください。

おわりに:すっぱいような口臭が気になるなら、逆流性食道炎が原因かも!

胃酸や胃の内容物が食道に逆流してしまう逆流性食道炎は、歯周病や舌苔などの口内トラブルと同じく、口臭悪化の原因となり得ます。もし、逆流性食道炎が原因のすっぱいような口臭に悩んでいるなら、根本原因である逆流性食道炎を治療しなければ改善は望めません。この記事を参考に、日常生活を胃への負担が少ないものに少しずつ変えていき、症状が改善しない場合は医師の診察を受けるようにしてください。

関連記事

この記事に含まれるキーワード

逆流性食道炎(31) 口臭(23) 病的口臭(2) 口臭対策(1)