胃潰瘍に効く市販薬はある?処方薬で考えられる副作用は?

2018/10/25

山本 康博 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 呼吸器内科医

山本 康博 先生

胃潰瘍かもと思った場合、市販薬ではどんな薬を選べばいいのでしょうか。また、病院に行けばどんな薬が処方してもらえるのでしょうか。胃潰瘍のときの服薬の注意点(副作用)などもお伝えしていきます。

胃潰瘍に効く市販薬はあるの?

市販されている胃潰瘍・十二指腸潰瘍の治療薬としてヒスタミンH2受容体拮抗薬(H2ブロッカー)がありますが、医師から処方されるものと市販のものでは主成分の含有量や効果が異なるため、治療では医師から処方されたものを定められた期間・量を服用することが必要となります。ヒスタミンH2受容体拮抗薬に限らずその他の胃薬も市販されているものは使用しないようにしましょう。

また市販の風邪薬の中には、潰瘍の原因となる非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)が含まれている場合があるため、購入する際は事前に医師や薬剤師に相談するようにしましょう。

胃潰瘍のときに処方される薬は?

胃潰瘍のときに主に使用される薬には、胃酸などの攻撃因子を抑制する作用のある攻撃因子抑制剤と、胃粘液などの防御因子を増強する作用のある防御因子増強薬があります。
また、検査でピロリ菌の感染が確認された場合は除菌治療のための薬が処方され、ストレスが潰瘍の原因となっている場合は、抗うつ薬や抗不安薬などが処方されることがあります。

攻撃因子抑制剤

攻撃因子抑制剤には、胃酸の分泌を抑制する働きのあるプロトンポンプ阻害薬やH2ブロッカーなどがあります。

プロトンポンプ阻害薬

  • オメプラゾール
  • ランソプラゾール
  • ラベプラゾールナトリウム
  • エソメプラゾール
  • ボノプラザンフマル酸塩 など

H2受容体拮抗薬

  • シメチジン
  • ラニチジン塩酸塩
  • ファモチジン
  • ニザチジン
  • ロキサチジン酢酸エステル塩酸塩
  • ラフチジン
  • 抗ガストリン薬プログルミド

選択的ムスカリン受容体拮抗薬

  • ピレンゼピン塩酸塩水和物
  • チキジウム臭化物

抗コリン薬

  • ブチルスコポラミン臭化物
  • プトロピウム臭化物
  • チメピジウム臭化物水和物
  • プロバンテリン水和物

防御因子増強薬

防御因子増強薬には、胃の粘膜を保護する働きのある薬や、粘膜の血流を増加する働きのある薬が使用されます。

粘膜抵抗強化薬

  • スクラルファート
  • エカベトナトリウム水和物
  • アルジオキサ
  • ゲファルナート
  • アルギン酸ナトリウム
  • ポラプレジンク

粘液産生・分泌促進薬

  • ラフチジン

プロスタグランジン製剤

  • ミソプロストール

胃粘膜微小循環改善薬

  • セトラキサート塩酸塩
  • ソファルコン
  • トロキシピド
  • ベネキサート塩酸塩ベータデクス
  • イルソグラジンマレイン酸塩

ピロリ菌の除菌治療薬

  • ランサップ®
  • ラベキュア®
  • ランピオン®
  • ラベファイン®
  • ボノピオン®
  • ボノサップ®

胃潰瘍の薬で考えられる副作用は?

副作用として、

過敏症
まれに発疹などが現れることがあります。
消化器症状
便秘、下痢、吐き気などが現れることがあります。
肝機能障害
副作用が起こることは非常にまれですが、倦怠感、食欲不振、黄疸などが続く場合は医師に診てもらいましょう。

などが現れることがあります。

また、プロトンポンプ阻害薬(PPI)の服用で胃酸が強く抑制され、腸内細菌叢のバランスが乱れるてしまい下痢や腸炎などの副作用が起こることがあります。

ピロリ菌の治療薬でも腸管刺激作用や腸内細菌のバランスの乱れにより、下痢や軟便が起こることがあり、味覚異常や肝機能検査値の変動、かゆみや発疹などが現れることがあります。

おわりに:胃潰瘍かもと思ったら、極力病院で薬を処方してもらおう

市販されている胃潰瘍の治療薬としてヒスタミンH2受容体拮抗薬がありますが、医師から処方されるものとは主成分の含有量や効果が異なります。他の薬との飲み合わせもあるので、H2受容体拮抗薬に限らずその他の胃薬も、できるだけ医師から処方してもらうようにしましょう。
ただし、医師から処方された薬でも副作用がないわけではありません。過敏症・消化器症状・肝機能障害など、気になる症状が続く場合はすぐに医師に診てもらいましょう。

関連記事

この記事に含まれるキーワード

胃潰瘍(53) ピロリ菌(43) H2ブロッカー(4) 胃潰瘍の市販薬(1)