脾臓の痛みってお腹のどのあたりに感じるの?治療法は?

2018/12/3

山本 康博 先生

記事監修医師

東大医学部卒、独立行政法人国立病院機構東京医療センター

山本 康博 先生

古くなった赤血球の処理や血小板の貯蔵、病原菌やウイルスに対する免疫機能も持つ脾臓。
胃や腸に比べて働きを実感することが少ないため、位置や病気の可能性について詳しく知らない人も、多いのではないでしょうか。
今回は脾臓に起きる痛みや病気、また病気になった場合の治療法をご紹介していきます。

脾臓の痛みってどのあたりに出てくるの?

脾臓が腫れるなどの異常が起きた場合、肋骨のすぐ下、左上腹部に痛みが出てきます。
痛みの他にも、脾臓に腫れや異常が出た場合には、以下のような症状が現れやすくなります。

脾臓に異常があるとき、痛みと一緒に現れる症状

  • 左腹部が膨張している、腫れぼったいと感じるような違和感
  • 腫れた脾臓が胃を圧迫することによる、胃部膨満感や食欲不振、吐き気・嘔吐
  • 腫れた脾臓にはいが圧迫されることによる、呼吸困難
  • 脾臓の機能低下による、重度の貧血状態や疲労感、息切れ
  • 左側の背中、肩の痛み

左上腹部のあたりが痛くなるのはどうして?

左上腹部に痛みが出ている場合、以下いずれかの原因から、脾臓が大きく腫れてしまう「脾腫(ひしゅ)」の状態に陥っていると考えられます。

脾腫で左上腹部に痛みが出る原因として考えられるもの

  • チフス、マラリア、敗血症、心内膜炎など伝染性の感染症
  • 日本住血吸虫、エキノコックス、ジストマなどの寄生虫に脾臓が侵されている
  • 脾臓に膿が溜まってしまう膿瘍(のうよう)状態になっている
  • 肝臓に流入する門脈(もんみゃく)の圧力が異常に高まる、門脈亢進症
  • 血小板の減少や働きの異常で起こる、血小板減少性紫斑病(けっしょうばんげんしょうせいしはんびょう)
  • 白血病、溶結性貧血、血友病など血液の病気
  • ゴーシェ病、ニーマンピック病などの代謝異常症
  • 脾臓と関連の深い膵臓、胃などの炎症や脾静脈の狭窄
  • 脾臓そのものに起こった腫瘍、出血、膿疱などの病変

痛みの原因が脾臓にある場合、どんな治療をする?

左上腹部の痛みが脾腫だった場合、まず脾腫の原因となっている病気を探り、その病気の治療によって脾臓を小さくするための治療が行われます。
しかし、以下のような状態で全身症状の悪化や脾臓が裂けて出血するリスクが高いと判断される場合は、外科手術による脾臓摘出が行われます。

脾腫で脾臓摘出手術が行われる、危険なケース

  • 脾臓の赤血球の破壊速度が急速で、重度の貧血に陥っている場合
  • 脾臓の機能低下によって白血球の数が減少し、感染を起こす危険性が高い場合
  • 脾臓の機能低下により血小板の貯蔵量が減少し、出血する危険性が高い場合
  • 脾臓の腫れ方が大きく、外側から左腹部を圧迫して強い痛みを生じている場合
  • 脾臓の腫れが大きく、胃や肺など他の臓器を圧迫して、健康被害が出ている場合
  • 脾臓が大きくなりすぎたために、脾臓の一部に出血や壊死がある場合

脾臓の摘出手術は、開腹の他にもおなかに小さな穴を空け、そこからカメラと特殊な器具を挿入して行う腹腔鏡下手術でも実施できます。

なお、脾臓を摘出しても命を落とすことはありませんが、インフルエンザなど感染症にかかるリスクが増大するため、摘出後は徹底した感染予防策が必要になります。

おわりに:左上腹部の痛みは脾臓の病気かも。早めの受診を

脾臓の痛みを引き起こす代表的な疾患は脾臓が腫れる「脾腫」で、発症すると左上腹部から左肩、背中などに痛みが出ます。脾腫の原因はさまざまで、代表的なものでは周辺臓器の異常による血管の狭窄や閉鎖、感染症、血液の病気などが挙げられます。脾腫の治療には、根本原因である病気の治療から行いますが、脾臓破裂の危険性が高い場合は脾臓の全摘も治療の選択肢に入ってきます。左上腹部の違和感を感じたら、早めに病院を受診しましょう。

この記事に含まれるキーワード

脾腫(4) 左上腹部(2) 脾臓の痛み(1) 脾臓摘出(1)