大動脈解離になるとどんな症状が出てくる?治療後の注意点は?

2018/12/23

山本 康博 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 呼吸器内科医

山本 康博 先生

心臓の左心室から伸び、全身に新鮮な酸素と栄養を含んだ血液を贈る動脈のおおもとの血管となる大動脈。この血管内で異常や疾患が起こると、命にかかわるリスクがあります。今回は、大動脈内で重大な異常が起こる「大動脈解離(だいどうみゃくかいり)」について、病気の特徴や症状、原因、治療法などを解説していきます。

大動脈解離ってどんな病気?

外側から外膜・中膜・内膜の3層構造から成る大動脈のうち、最も内側にある内膜に何らかの原因で裂け目ができ、中膜・外膜まで大動脈が裂けることを大動脈解離といいます。内膜の裂け目から流れ込んだ血液は中膜に達し、本来あるべきでない場所に新たな血液の通り道を作ってしまい、やがて腸軸方向に動脈を裂いてしまうのです。

ちなみに、中膜から血液が入り込んだまま溜まっていき、外膜1枚をのこして動脈の壁が膨らんでいく状態のことを大動脈瘤と言います。

大動脈解離が起こると出てくる症状は?

心臓のすぐ近くで血管が裂けてしまうため、大動脈解離が起こるとまず、胸または背中に杭を差し込まれたような激痛が走るといわれています。人によってはこの段階で意識を失ったり、ショック状態に陥ることもありますが、さらに症状が進むと激痛が胸から腹部、足の方まで下向きに移動していきます。

また、血管が裂けた場所や病状の進行具合によっては、大動脈解離とともに以下のような他の臓器の異常・合併症を引き起こすケースも少なくありません。

  • 大動脈弁閉鎖不全
  • 脳虚血症状による意識消失や麻痺
  • 腹痛や下血を伴う腸管虚血症状
  • 腎不全
  • 大動脈瘤破裂による血胸(けっきょう)
  • その他、下肢や各臓器の虚血や壊死症状
    ※虚血とは、急激に動脈血量が減少して極度の貧血状態に陥ることです。

時間とともに大動脈の裂け目がどんどん広がり、他の臓器に血液を贈る動脈の分岐点にまで達すると、血流不全が多臓器にわたり死に至る可能性もあります。

大動脈解離が起こるのはどうして?

大動脈瘤解離が起こる原因は人それぞれで、原因不明のまま発症するケースもありますが、一般的には以下のような要因から発症すると考えられています。

  • 高血圧による、慢性的な血管内膜への過負荷
  • マルファン症候群、梅毒など、血管がもろくなる病気によるもの
  • 妊娠中のホルモンバランスの変化により、大動脈壁に変化が起きたため
  • 外傷などにより、大動脈に間接的に衝撃が加わったことによる破裂
  • 本来は3枚のはずの大動脈弁尖が2枚になる、先天性の異常

特に、大動脈瘤解離を発症する人のうち、約70%は高血圧であるといわれており、高血圧が大動脈瘤解離発症に及ぼす影響は大きいのではないかと推測されています。

大動脈解離の治療法は?

大動脈瘤解離を発症したら、まずは投薬で痛みを和らげると同時に、収縮期の血圧が100~120mmHg以下に保てるよう調整していきます。その間に、大動脈のどの部分で解離を起こしているのかを特定し、裂け目が及んでいる場所と大きさによって、以下いずれかの治療方針を選択します。

裂け目が心臓に近い箇所に及んでいる場合
人工心肺操作を使った外科手術をして、解離が起こっている血管を人工血管に置き換える。
裂け目が背中側の下行(かこう)大動脈以下だけに限られている場合
手術は行わず、血圧を下げる薬を投与しながら減塩食の摂取と安静を守って日常生活を送ってもらい、経過観察をする。

大動脈解離の手術は、一時的に心臓を止めて人工心肺に切り替える必要があるため、患者の体にかかる負担が大きくなりがちです。このため、可能であれば投薬や経過観察で治療していくのが望ましいですが、心臓近くの解離や、解離の進行が見られるようなら手術が必要になります。

治療後に気をつけることは?

投薬と経過観察を続けたり、手術を受けたりしても、大動脈瘤解離はいったん治療した後にも悪化する可能性の高い病気だといわれています。このため、治療を終えて病状が落ち着いた後も、以下のポイントに留意した定期的な検査や生活習慣の見直しは、生涯にわたって必要です。

  • 発症から2年は半年に1回、3年目以降は1年に1回以上は通院して、問診や採血、レントゲン、CTなどを使った検査を受けて観察する必要がある
  • 通院時だけでなく、起床から1時間以内と就寝前の最低1日2回は血圧を測り、健康状態や大動脈に負担がかかっていないか確認する必要がある
  • 血圧が上がるような激しい運動や、重い物を持つなどは避けなければならない
  • 病状によっては、降圧薬の服用や減塩食を一生続けなければならない

なお、通院の頻度や生活における制限のレベルは、患者の状態や医師の見解によっても変わります。詳しくは、主治医に相談して疑問を解消しましょう。

おわりに:胸から始まり下の方へ移動する激痛は、大動脈瘤解離のせいかも

杭が刺さったような激しい痛みが胸や背中に起こる大動脈解離は、大動脈が何らかの原因で避けてしまう病気です。放っておくと体内での出血や裂け目が広がり、最悪の場合は命を落とす危険性もあります。投薬や手術で治療できますが、治療後も定期的な通院と生活習慣の見直しは一生必要になることを理解しておきましょう。

この記事に含まれるキーワード

高血圧(127) 胸の痛み(16) 大動脈解離(10) 大動脈解離の治療法(3) 大動脈解離の症状(3)