血圧が高いと心筋梗塞になりやすいのはなぜ?予防する方法は?

2019/2/12

山本 康博 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 呼吸器内科医

山本 康博 先生

心筋梗塞とは、心臓への血流不足によって心臓の細胞に壊死が起こることで、胸の痛みや吐き気、冷や汗といった症状が出てくる病気です。心筋梗塞は命に危険が及ぶこともあるため、日ごろから予防することが大切です。この記事では、心筋梗塞を予防する上で欠かせない、高血圧の予防法を中心に解説します。

血圧の高い人は心筋梗塞になりやすい?

心臓は心筋と呼ばれる筋肉が絶えず動いて、全身に血液を循環させているポンプの役割を果たしています。心筋がしっかりと動くためには、十分な酸素と栄養を含んだ血液が必要です。そのため、心臓には冠動脈(かんどうみゃく)と呼ばれる太い血管が冠のように覆っています。

心臓の病気として代表的なものに、狭心症や心筋梗塞を含む虚血性心疾患があります。冠動脈が詰まったり、けいれんを起こしたりして細くなり、血液が心臓に流れなくなることで起こります。心筋梗塞は、心臓を動かしている筋肉に血液が流れなくなることで酸素や栄養が足りなくなり、心筋が死んでしまった状態のことです。激しい痛みが起こり、重症になれば命を落とすこともあります。

心筋梗塞は、高血圧や糖尿病、脂質異常症(高脂血症)といった生活習慣病や、不整脈がある人などに起こりやすいといわれています。こういった背景のある方は血管の動脈硬化が進みやすく、血管が詰まることにつながるためです。動脈硬化は、血管の壁が厚くなったり、硬くなったりして働きが悪くなることをいいます。

血管は、本来はしなやかで弾力性があるものですが、加齢や生活習慣などが影響して動脈硬化が進んでいきます。高血圧の人は、常に血管に負荷がかかり続けることになり、血管がそれに対応するために厚くなったり硬くなったりします。また、高血圧によって血管壁の細胞が傷つけられると、その傷からコレステロールが取り込まれて塊をつくり、血管壁に厚みが生まれてしまいます。結果として血液が通りにくくなり、心筋梗塞のリスクも高まっていきます。

血圧を下げて心筋梗塞を寄せ付けないために何ができる?

心筋梗塞を予防するためには、血圧に注意することは大切となります。減塩は代表的ですが、そのほかにも生活の中で注意したいものがあります。

塩分をとりすぎない

食生活においては、塩分のとりすぎに注意しましょう。1日6g未満が目標です。味付けにもよりますが、たとえば、うどんやラーメンのスープは約1.5g、小さな梅干し1個で約1g、ハム2枚に約1gと、身近な食品に含まれる塩分は意外と高いです。

寒さの変化

暖かいところから急に寒いところに出ると血管が縮むため、血圧が上がります。外出や、暖かい浴室から寒い脱衣所へ移動するときにも注意が必要です。

排泄

排便時にいきむことも、血圧を上げることに繋がります。特に便秘は解消しましょう。

疲労をためない

規則正しい生活は、血圧の安定にもつながります。睡眠は十分にとって、疲労やストレスとうまく付き合っていきましょう。

禁煙

タバコは血管を収縮させ血圧を上げます。禁煙を進めましょう。

適度な運動と肥満解消

肥満は血圧を上げるほか、内蔵や血管に負担をかけます。また、適度な運動も大切です。ただし、すでに体に異常がでている場合には、無理な運動がかえって負荷となることもあります。まずは医師に相談してみましょう。

もし心筋梗塞を発症したら

心筋梗塞は、一刻も早く診断して治療を開始することが大切です。心筋梗塞の主な症状として、長時間続く胸の痛みがあります。特に、しめ付けられたり、抑えつけられるような痛みが30分以上続くときは注意が必要です。

ただし、人によっては激しい痛みが生じないこともあります。また、痛みが胸だけではなく、首や背中、左側の腕などが広範囲で起こることがあります。また、冷や汗や吐き気、嘔吐などが起こることもあります。

これまで経験したことがない体調不良や、繰り返す痛みなどがあるときは、早めに受診しましょう。心筋梗塞は治療が遅れると手遅れになることもあります。我慢せずに受診しましょう。

おわりに:高血圧は動脈硬化、心筋梗塞の原因になり得る。血圧が高めの人は体の変化に注意しよう!

高血圧によって血管に負荷をかけたり、血管の細胞を傷つけたりすることで動脈硬化につながります。動脈硬化は全身の血管のどこで起こってもおかしくはありませんが、心臓に血液を送る冠動脈で起こると、心筋梗塞が起こってしまう可能性があります。心筋梗塞は最悪の場合は死に至ることがある病気で、早期の診断と治療が大切です。胸やその周辺に今まで感じたことのない痛みが続くときは、我慢せずに病院で診てもらいましょう。

この記事に含まれるキーワード

糖尿病(266) 高血圧(130) 心筋梗塞(71) 動脈硬化(86) 脂質異常症(27) 虚血性心疾患(16) 心筋梗塞の予防法(1)