胃の検査でバリウムを飲んだ後の便秘、どうすれば解消できる?

2017/8/16 記事改定日: 2018/9/12
記事改定回数:2回

山本 康博 先生

記事監修医師

東大医学部卒、独立行政法人国立病院機構東京医療センター

山本 康博 先生

二宮 英樹 先生

記事監修医師

東大医学部卒、セレオ八王子メディカルクリニック

二宮 英樹 先生

三上 貴浩 先生

記事監修医師

東大医学部卒、医学博士

三上 貴浩 先生

健康診断等の胃の検査で飲むことが多いバリウムですが、副作用として便秘になったという声がたくさんあがっています。
この記事でバリウムを飲んだ後に便秘になる原因や対処法を見ていきましょう。

胃の検査でバリウムを飲むのは、凹凸の確認のため!?

検査に使用するX線(レントゲン)は胃や腸を透過してしまうため、胃や腸をそのままX線画像で確認することは難しいです。
胃や腸の形状をはっきりと浮き上がらせるために消化器官の壁を光る膜で覆う必要があります。

その役割を果たしているのがバリウムです。
バリウムの膜ができた消化管をX線で撮影することで、それらの形状や癌、ポリープなどの凹凸を確認できるようになります。

バリウムを飲んだ後に便秘になるのはなぜ?

バリウムは水に溶けにくいので、消化・吸収されずに腸に到達します。
バリウムは一般的に硫酸バリウム・水・粘着剤で構成されていますが、その中の粘着剤がとても滑りにくい、固まりやすいという特徴を持っているために腸管が詰まりやすくなるのです。

バリウムで腸が詰まると通常の便も排出が難しくなるため、便秘を引き起こしてしまいます。

バリウム検査後の食事はどうすればいい?

バリウム検査後は、通常通り食事を摂ってかまいません。
ただ、バリウム後の便秘解消のために、いつも以上に水分を摂るようにしてください。

通常時には1日に1~2リットルほどの水を飲むのが理想的とされていますが、バリウムの検査後はそれ以上の水分を補給するようにしましょう。
バリウムをスムーズに流すためには上記の量の水を短期間に飲むことがポイントです。

また、腸管を滑りやすくするために水溶性食物繊維を摂ることも便秘解消に役立つといわれています。
こんにゃく、ワカメ、寒天、ところてんなどの水溶性食物繊維が豊富な食品は、腸内の移動を潤滑にして詰まったバリウムを絡めとってくれる作用があります。

その他バリウムが原因の便秘解消には、脂肪分の摂取も効果的と考えられています。
油分は腸内の排泄物を滑らかにする作用があるため、バリウムや便の通りを良くして排便を助けてくれるでしょう。食べすぎは禁物ですが、オリーブオイル、ドレッシング、マヨネーズなどで脂質も忘れずに摂りるように心がけてください。
ただし脂質をスナック菓子や揚げ物などで摂らないようにしましょう。

バリウム検査後の禁止事項

バリウム検査後にやってはいけないことが2つあります。

不溶性食物繊維の多量摂取

不溶性食物繊維は、通常の便秘には効果がありますが、消化しづらく腸管を余計に詰まりやすくしてしまうため、バリウムによる便秘の解消には適していません。

カフェインやアルコールの摂取

バリウムによる便秘の解消には水分補給が重要ですが、アルコールやコーヒー、緑茶などのカフェインが入った飲み物には利尿作用があるため、せっかく摂った水分が尿として排出されやすくなってしまいます。
バリウムが排出されて便秘が解消するまでは、カフェインやアルコールの摂取は極力控えましょう。

牛乳を飲むこと

牛乳を飲むと下剤の効果が弱くなってしまうことがあるので、絶対に飲まないようにしてください。
水分補給には、水やスポーツドリンク、ノンカフェインのお茶を飲むようにしましょう。

検査後に腹痛が起こっても大丈夫?どんなときに病院に行けばいい?

バリウムを服用すると、便が硬くなりやすく便秘を引き起こします。このため、多くの病院ではバリウム検査後に下剤が処方され、バリウムの排泄を促します。

しかし、中には下剤が効かない場合や下剤の効果が十分でない場合もあります。バリウムが正常に排出されないと、時間が経つにつれて便が硬くなり、さらに便秘が悪化します。その結果、お腹が張ったり、吐き気や腹痛などを引き起こすことがあるのです。

バリウム検査後、バリウムを含んだ白っぽい便が出ない場合や、お腹のハリや腹痛などの症状が生じる場合には検査を受けた病院を受診するようにしましょう。

おわりに:胃の検査でバリウムを飲んだ後は、指示されたとおりに下剤を飲み、まめに水分を摂ろう

健康診断でバリウムを服用した場合、通常はバリウム服用後の対処法について医師からアドバイスがあります。
医師の指示に従って水分補給や食事療法、(処方された場合は)下剤の使用を行ない、バリウムを排出してください。

ただし、バリウムの服用から5日以上経っても排出がない場合や腹痛がみられる場合は、すぐに病院で診察を受けるようにしましょう。

この記事に含まれるキーワード

便秘(124) 水分(18) 腸(6) 浣腸(2) 下剤(9) バリウム検査(1)