喫煙が体に与える影響・まとめ ~喫煙のメリット・デメリット ~

2017/10/10

山本 康博 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 呼吸器内科医

山本 康博 先生

喫煙のデメリットに関しては多くの情報が出回っていますが、まだまだ検証が必要であり、語られていくべき話題といえるでしょう。タバコの健康への影響、とくに妊娠中の喫煙についてや未成年喫煙者の子供を持つ親のための情報を、いろいろな角度からご紹介していきます。

喫煙 ~ 喘息ならタバコはNG ~


葉巻・タバコ・パイプからの煙はさまざまな形で体にダメージを与えますが、喘息患者の肺にとってはとくに有害です。タバコの煙は肺機能を傷つけるため、喘息への強力な引き金となります。
また、タバコをやめると1週間で喘息患者の肺機能が改善されることが判明しています。喫煙者をしている20人の喘息患者(平均年齢40代)を対象にした研究では、喫煙をやめてから1週間以内には肺機能が改善し始め、さらにその後も肺機能検査の数値に改善が見られました。この他のメリット、デメリットについても詳述しています。

>> 詳しい情報はこちら
喘息ならタバコはNG!タバコは喘息を悪化させる原因です

喫煙 ~タバコが原因の頭痛 ~


たばこを吸ったことがある人なら、突然の頭痛を経験したことがあるかもしれません。たばこの煙の臭いをかいで頭が痛くなってしまう人もいるでしょう。なぜ、たばこのせいで頭痛になってしまうのか、その因果関係とともに、頭痛を和らげる方法を紹介しています。

>> 詳しい情報はこちら
タバコが原因の頭痛 ― 原因と対処法

喫煙 ~ 妊娠中の喫煙のデメリット ~


かわいい赤ちゃんとの対面までには時間があるからと、妊娠中の生活の不安を解消するためにタバコを吸っているとしたら、その不安はますます募るかもしれません。妊娠中の喫煙が良くないことはいたるところでいわれています。では、なぜ良くないのでしょうか? 下記コラムでは、妊娠中の喫煙のデメリットと、禁煙するための方法についてまとめています。

>> 詳しい情報はこちら
元気な赤ちゃんを産むには禁煙すべき!? ~ 妊娠中の喫煙のデメリット

喫煙 ~ 間接喫煙(受動喫煙)のデメリット ~


定期的に副流煙を吸う人は、肺癌や心臓病といった喫煙者と同じような病気を発症する危険性があります。副流煙は、4,000以上の刺激物、毒素および発がん性物質を含む毒性の強い物質です。ほとんどの副流煙は目に見えず無臭なので、どんなに注意していても周辺にいる人は有毒物質を吸いこんでしまいます。下記では、受動喫煙のデメリットや子供への影響、そして電子タバコだったらどうなのか? ということについて解説しています。

>> 詳しい情ん報はこちら
間接喫煙(受動喫煙)~タバコを吸わないのに吸っている~

喫煙 ~ 喫煙恐怖のまとめ ~


喫煙および受動喫煙が、人体にさまざまな害をもたらすことは周知の事実です。しかし、実際にどのような悪影響をもたらすのか、どのような病気に罹患するのか、イメージできない人もたくさんいるのではないでしょうか? 下記のコラムでは、喫煙がもたらす多くの悪影響の中から、慢性気管支炎、肺がん、腹部大動脈瘤、子どもへの影響という項目にわけてお伝えしています。

>> 詳しい情報はこちら
今日からタバコをストップ!喫煙恐怖のまとめ

喫煙 ~未成年喫煙者の子供を持つ親のための禁煙ガイド ~


タバコをめぐる環境の変化が著しい昨今、全年代において喫煙率が減少しているとはいえ、いまだ喫煙に走る未成年者は少なくありません。喫煙経験が早いほど習慣化しやすく、年を取るにつれて健康への影響が懸念されます。ただちに禁煙した方がいい理由と、禁煙に役立つ方法を改めてみてみましょう。

>> 詳しい情報はこちら
未成年喫煙者の子供を持つ親のための禁煙ガイド

関連記事

この記事に含まれるキーワード

頭痛(193) 喫煙(90) 妊娠中(34) 間接喫煙(3) 受動喫煙(14) 喘息(71) デメリット(26) 未成年喫煙者(1)