逆流性食道炎の人が食事で注意することは?どんなレシピがおすすめ?

2017/10/13 記事改定日: 2019/9/20
記事改定回数:2回

山本 康博 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 呼吸器内科医

山本 康博 先生

腹痛や食後の胸焼け、胃酸の逆流などで病院を受診したら、「逆流性食道炎」と診断された――そんな方が、若い世代に増えているといわれています。
逆流性食道炎を発症してしまったら、食事ではどんなことに気をつければいいのでしょうか?

逆流性食道炎ときにおすすめの食べものは?

逆流性食道炎の症状が現れている間は、胃の粘膜を保護する効果のあるヨーグルトや、消化にいいバナナなどがおすすめです。
また、お粥や雑炊、大豆製品なども逆流性食道炎の人の食事に好ましいとされています。

食事を摂るときは腹八分目を心がけ、よく噛んで食べるように心がけましょう。間食を避け、食後3時間は逆流が起こりやすい時間帯といわれているので、この間は横にならないようにしてください。

逆流性食道炎のときに控えたほうがよい食べものは?

逆流性食道炎の症状があるときは脂肪分の多い食べ物は控え、刺激物やお酒、カフェイン飲料、消化に時間のかかるたんぱく質の摂りすぎも控えるようにしてください。

「脂肪分の多い食べものは控えましょう」とお伝えしてきましたが、完全に断つのは難しいと思います。お肉を食べるときは、煮たり蒸したりするなど調理方法を工夫して、脂肪分を落とすことを心がけましょう。
なお、肉類でも鶏肉や脂肪分の少ない牛肉、豚肉であれば問題ありません。

逆流性食道炎におすすめのレシピ

逆流性食道炎の症状がひどい時には、胃酸の分泌を抑え、消化の良いもの食事を摂る必要があります。ここでは、逆流性食道炎の症状があるときにおすすめのレシピを3つご紹介していきます。

大根おろしたっぷりの豚しゃぶ

大根には消化を助ける酵素が多く含まれています。また、豚肉には良質なタンパク質が含まれているため、粘膜の修復に役立ちます。

豚肉は、なるべく薄くスライスされたしゃぶしゃぶ肉を用意し、熱湯にくぐらせて火を通します。火が通った豚肉はざるなどに上げてよく冷ましましょう。だし汁やしょう油、みりんなどでお好みの汁を作り、豚肉、キュウリやトマトなどお好みの野菜と豚肉を盛りつけた更に流し込み、上にたっぷりの大根おろしを乗せれば完成です。

たまごうどん

うどんは消化もよく、出汁の塩分を少なめにすることで逆流性食道炎にも優しいのど越しの良い主食を作ることが可能です。

うどんはなるべくコシが少ないタイプのものを選び、よく茹でておきます。だし汁やしょう油、みりんなどで味付けした出汁を作り、溶いた卵を入れ、うどんを投入して一煮立ちさせたら完成です。

ホットケーキミックス蒸しパン

逆流性食道炎の症状に悩んでいるときでも、甘いおやつは食べたいものですよね。そこでおすすめなのが、ホットケーキミックスを使って簡単に作れる蒸しパンです。

ホットケーキミックスに少々の塩を加え、適量の水を加えて混ぜ合わせます。生地にまとまりが出てきたら、ケーキ型に流し込んで空気をよく抜きます。160度に温めたオーブンに水を入れた耐熱容器を一緒に置き、15~20分加熱したら完成です。

しっとり焼き上がるのでのど越しもよく、辛い症状も気にならずに食べることができます。

コンビニ食を選ぶときの注意点は?

逆流性食道炎の症状がある時は、できるだけ消化がよいものを摂るようにしましょう。
コンビニでは、ヨーグルトなどの乳製品、レトルトのお粥、スープ類、蕎麦やそうめんなどの麺類がおススメです。

油分が多い物は消化に時間がかかるため避けるようにしてください。また、塩分や香辛料が多い食事も逆流性食道炎の症状を悪化させることがありますので、弁当や総菜などを選ぶときはできるだけ味が薄くさっぱりしたものを選びましょう。

予防のために、食事以外の逆流性食道炎の原因も知っておこう

逆流性食道炎は、胃液が食道へと逆流し、粘膜を刺激したことで引き起こされる病気で、この逆流の原因は「胃酸過多」「下部食道括約筋(食道と胃のつなぎ目にある筋肉)の筋力低下」によるものです。

これらは主に以下の要因によって引き起こされると考えられています。

食生活の乱れ
脂っぽいものを摂りすぎていると、コレシストキニンというホルモンが十二指腸から分泌されることで、下部食道括約筋のゆるみや胃酸過多を引き起こすといわれています。また、食べすぎによっても胃が過度に拡張し、下部食道括約筋のゆるみにつながると考えられています。
食道裂孔ヘルニア
食道裂孔ヘルニアとは胃の一部が胸膜に入り込んでしまう病気で、逆流性食道炎を引き起こす原因のひとつといわれています。肥満の人は食道裂孔ヘルニアになりやすいとされているので、脂肪分の摂りすぎと併せて注意が必要です。
加齢
加齢とともに、下部食道括約筋が衰えていく傾向にあります。
特定の薬
心臓や血圧などの病気で処方される一部の薬には、下部食道括約筋をゆるめる作用のあるものがあります。

おわりに:逆流性食道炎の改善のためには、脂肪分を減らし消化のよいものを食べよう

逆流性食道炎の症状悪化の原因のひとつは、過食や脂っぽいものの食べすぎなどです。逆流性食道炎と診断されたら、処方された薬の服用とあわせて

  • 食べすぎないようにする
  • 脂肪分や刺激が強いもの、お酒を避ける
  • 消化のよいものを食べるようにする

などを心がけましょう。

関連記事

この記事に含まれるキーワード

食べ物(94) 食事(225) 原因(609) 逆流性食道炎(31)