大人にもみられる症状、「痙性斜頸(けいせいしゃけい)」とは

山本 康博 先生

記事監修医師 東大医学部卒、独立行政法人国立病院機構東京医療センター

山本 康博 先生

痙性斜頸とは、首の筋肉が異常緊張し頭が左右や前後に固まって動かなくなる病気です。今回の記事では、その痙性斜頸について、症状や治療法を中心に解説します。

もくじ

痙性斜頸(けいせいしゃけい)とは

 

痙性斜頸とは、脳や神経の異常により意思とは関係なく筋肉が収縮したり固まったりするジストニアの一種で、首の筋肉に症状が表れるものを指します。主な症状としては、

・顔が横向きになったまま固まってしまう
・頭が前後に倒れる
・肩が上がる
・頭が振れる
・あごが前に出る

といったものが挙げられます。また、首の筋肉が緊張状態になり、痛みが生じる場合もあります。

斜頸の状態は患者さんによって異なり、頭の位置に異常はなくても首の可動域が狭くなり動かしにくい、という症状を訴える人もいます。また、歩いているときや、精神的に緊張した時のみ症状が表れるなど、症状が出たりなくなったりする場合もあり、さまざまですが、症状が首以外にも広がることはほとんどありません。

なお、痙性斜頸は外観にも大きな変化を及ぼすために、精神的に負担を感じやすい病気でもあります。治療と同時に医療関係者や周囲の精神面のサポートが欠かせません。

痙性斜頸が起こる原因は?

痙性斜頸は大脳の運動システムが機能障害をおこして発生する病気ですが、脳の機能障害が発生する理由はいまだにはっきりとした原因がわかっていません。
発症原因ではないかと考えられるものとして、

・脳疾患からの合併症や後遺症
・薬の副作用
・無理な姿勢を長時間、長期間とり続けたこと
・精神的なショックや過度の疲労

などが関連していると言われています。

30~50代の人が発症しやすく、海外の研究では女性に多いとされています。しかし、未成年での発症も少なくなく、国内の症例では男性の方がやや多くなっています。

痙性斜頸の治療法は?

超音波や筋電計を使い筋肉の緊張状態を調べ、どの程度痙性斜頸が進んでいるか、どの筋肉が原因となっているのかを特定します。その上で、治療法を決定します。治療にはいくつかの方法があります。

薬物治療

もっとも一般的な治療法が薬物治療です。不安や緊張を和らげる精神安定薬や、筋肉の緊張を和らげる筋弛緩薬の投与が中心になります。また、パーキンソン病に有意な薬や抗てんかん薬なども、筋肉のこわばりや神経細胞の興奮を抑制する効果があるとされています。しかし、痙性斜頸そのものを治すための内服薬は、まだ存在しません。

ボツリヌス療法

薬物治療で効果が得られなかった場合、ボツリヌス療法が選択されることがあります。ボツリヌス療法とは、痙性斜頸の症状を引き起こしている筋肉にボツリヌス毒素製剤を注射する治療法で、筋肉の過度な緊張をとる効果が期待されますが、

・特定の病院でしか行えないこと
・効果の持続期間は数カ月で、継続した治療が必要なこと
・最初の投与はごく微量のため、効果が見られない場合があること

といったデメリットもあります。

手術的療法

症状によっては、脳の神経細胞を働かないようにし筋肉の緊張をとる定位脳手術や脳深部刺激治療が行われる場合もあります。

その他

その他、精神的なストレスを除去することをめざした心理療法や、筋肉のこわばりをほぐすリハビリ療法、鍼灸療法などが行われることがあります。

どうすれば痙性斜頸を予防できる?

 

痙性斜頸の原因のひとつが筋緊張の継続なので、予防にはストレッチやヨガが効果的です。ただ、症状が出ている場合かえって悪化させる可能性があるので、理学療法士など専門家の指示を受けて正しい方法で行いましょう。

また、仕事などで長時間無理な姿勢をとり続けないことや、ストレスにさらされないようにすることも痙性斜頸の予防に重要です。

おわりに:症状が表れたら早めの診察を

痙性斜頸は、発症から1年以内だと自然治癒する場合もあり、治療の効果も出やすい病気です。しかし、放置していると症状は徐々に進行し、治療の効果も表れにくくなります。首に違和感があれば、早めに診察を受け、適切な治療を行いましょう。

病気・治療一覧へもどる

この記事に含まれるキーワード