うまみ成分としても有名なグルタミン酸にはどのような効果がある?

2018/3/27

山本 康博 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 呼吸器内科医

山本 康博 先生

「グルタミン酸」はうまみ成分として知られていますが、このグルタミン酸がどんな効果を持っているかご存知でしょうか?グルタミン酸が不足した場合の健康リスクも含め、解説します。

グルタミン酸はうまみ成分としても知られている

グルタミン酸は、タンパク質を構成する20種類のアミノ酸の中のひとつです。リラックス成分であるGABAを生成する栄養素でもあります。昆布や野菜などの食べ物に多く含まれているほか、私たちの体の中でも作ることができ、身体に約2%の割合で含まれています。

さらに、グルタミン酸はうまみ成分としても知られています。赤ちゃんが母乳を好んで飲むのも、母乳にこのグルタミン酸が非常に多く含まれていることが関係しているそうです。うまみがあると、その食べ物を好んで食べることになり、体に必要な栄養素を摂るようになります。

グルタミン酸のようなうまみ成分は、単品でとるよりも、他のグループのうまみ成分と合わせて摂ることで、よりうまみを強く感じることが知られています。たとえば、アミノ酸グループのうまみ成分であるグルタミン酸と、核酸グループのうまみ成分であるイノシン酸やグアニル酸を一緒に摂ると、よりうまみが強くなるのです。

グルタミン酸の効果とは?

グルタミン酸は私たちの身体活動に大切なはたらきをしているため、摂ることで色々な効果が期待できます。

ひとつめに挙げられるのは、アンモニアの無毒化です。アンモニアには、エネルギー産生を低下させたり、脳の機能を妨げたりするはたらきがあります。グルタミン酸は体内のアンモニアを取り込み、グルタミンと合成することで、これを無毒化してくれるのです。アンモニアは尿として排出されるので、利尿効果にもつながります。

ふたつめに挙げられるのは、脳を活性化させる神経伝達物質としての効果です。グルタミン酸には、興奮系の神経伝達物質としてのはたらきがあるため、積極的に摂ることで記憶能力や学習能力の向上を助けるとされています。認知症を予防する効果も期待できるでしょう。ただし、過剰な摂取は逆効果です。摂りすぎは、脳機能に障害を与えるともいわれているので注意してください。

このほかに、グルタミン酸には肌の角質層にある天然保湿成分としてのはたらきもあるため、お肌の潤いを保って美しくする効果も期待できるでしょう。

グルタミン酸が不足するとどうなる?

グルタミン酸は体に大切なはたらきを担っているだけに、不足してしまうとプラスの効果をそのままひっくり返したような悪影響があります。まず、体内でアンモニアが増加してしまうため、エネルギーを作りだす器官のはたらきが鈍ります。そうすると疲労がたまってしまったり、免疫力が低下したり、さらには細胞の老化につながったりといった問題が起きます。また、お肌の角質層ももろくなるので、肌荒れやシミ、そばかすなどがでてきてしまいます。

おわりに:昆布や野菜などからグルタミン酸をしっかり摂取しよう

グルタミン酸は、タンパク質を構成する20種類のアミノ酸の中のひとつでうまみ成分としても知られ、アンモニアを無毒化や脳のはたらきのサポート、肌の角質層で天然保湿成分になるなどのはたらきがあります。不足すると疲労の蓄積や免疫力の低下、細胞の老化や肌荒れなどにもつながるので、日々の食事で適切な量をしっかり摂りましょう。

関連記事

この記事に含まれるキーワード

認知症(44) 疲労(19) 記憶力(11) シミ(13) 美肌(22) 免疫力(19) グルタミン酸(4) アンモニア(2) そばかす(2) うまみ(1)