クーラー病って? 夏場の下痢や頭痛、肩こりに要注意!

2018/9/14 記事改定日: 2019/5/29
記事改定回数:1回

山本 康博 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 呼吸器内科医

山本 康博 先生

夏になると、下痢や肩こり、頭痛といった全身の不調に悩まされるという場合、「クーラー病」が原因として考えられます。きっと一度は聞いたことのある病名かと思いますが、そもそもクーラー病とはどんな病気なのでしょうか。症状や予防法など、全般的な情報を解説していきます。

クーラー病って?

クーラー病とは、冷房からの冷気に長時間あたり続けることで、下痢肩こりなどの諸症状をきたした状態のことです(医学的には正式な病名ではありません)。

人間にはそもそも環境適応能力が備わっており、自律神経の働きで体温を調節することによって、寒さや暑さに適応しています。たとえば寒いときには筋肉での発熱量を増やし、筋肉を収縮させることで体から熱が逃げないようにし、暑いときには血管を拡張させることで発汗・放熱しやすくしています。

しかし、夏場は体が放熱しやすい夏仕様の状態になっているため、クーラーの冷風を浴び続けていると、寒さを感じていても体内の熱が逃げ続け、冷えやすくなります。また、暑い屋外とクーラーの効いた部屋を行ったり来たりしていることで、体温調節機能が追いつかずに自律神経が乱れ、ますます冷えへの抵抗力が低下します。これによって起こる諸症状をクーラー病といいます。

下痢や肩こりなど、クーラー病の症状はさまざま

クーラー病の症状は、下記のように多岐にわたります。

  • 体の冷え
  • 倦怠感
  • むくみ
  • 肩こり
  • 腹痛
  • 下痢
  • 便秘
  • 頻尿
  • 頭痛
  • 不眠
  • 生理不順 など

重症化すると自律神経失調症になることも

長期間にわたってクーラー病の状態が続いたり、重症化すると自律神経の調節機能が疲弊化し、自律神経失調症を発症することがあります。
自律神経失調症には様々な症状があり、突然の発汗、動悸、紅潮や食欲不振・下痢・便秘などの消化器症状、抑うつ気分などの精神症状など多岐にわたります。中には仕事な日常生活に支障を来たすような症状に悩まされることもありますので、クーラー病はしっかり対策をしていくことが大切です。

クーラー病にならないためには?

筋肉量の少ない女性や痩せている人は、特に発症しやすいクーラー病。このクーラー病を予防または症状を改善するには、以下のことを心がけるようにしてください。

クーラーの温度を27~28℃前後に
クーラー病のそもそもの要因は、クーラーによる空間の冷えすぎです。冷房の温度は、27~28℃前後に設定しましょう。
防寒グッズを用意する
暑がりの男性がいるような職場では、オフィス内のクーラーの温度が20℃前後になってしまうこともしばしば…。そのように自由な温度調整が難しいときは、カーディガンやひざ掛け、靴下などの防寒グッズを用意しておきましょう。
定期的に部屋を出る
クーラーの効いた部屋からずっと出ずにいると、そのぶんクーラー病を発症しやすくなります。こまめにトイレ休憩をとったり、お昼の休憩時間は部屋から出たりして、冷えすぎを防止しましょう。
体を動かす
エアコンの冷気は床付近に溜まるので、足先はもっとも冷えやすく、むくみの症状が出がちです。全身の血流をよくするためにも、オフィスでは1時間に1回くらいのペースで席を立ち、屈伸やストレッチを行いましょう。つま先とかかとを上げ下げするだけでも、血流改善効果があります。
また、ウォーキングなどの有酸素運動を日々の習慣に取り入れることも有効です。
食べ物や飲み物を工夫する
冷えたものでなく常温~ぬるま湯の水を飲む、しょうがやにんにく、チーズなど体を温める食べ物を日々の食事に取り入れるといったことでも、体の中心が冷えにくくなり、クーラー病の改善につながります。

おわりに:クーラー病の症状があれば、さっそく対策を!

肩こりや頭痛、下痢、倦怠感など、該当する症状はあったでしょうか?加えていつも冷え切ったオフィスで働いているという場合は、クーラー病の可能性が高いです。クーラー病になると免疫力が下がり、さまざまな風邪や病気にかかりやすくなってしまうので、部屋の温度管理や防寒グッズの用意など、できる対策を行っていきましょう。

関連記事

この記事に含まれるキーワード

頭痛(191) 下痢(158) 夏(7) むくみ(71) 肩こり(17) 冷え性(23) クーラー病(5) 冷房病(5)