出産の準備・まとめ ~ 妊娠中の検査・症状・出産法など ~

2017/10/26

前田 裕斗 先生

記事監修医師

国立成育医療研究センター フェロー

前田 裕斗 先生

妊娠中、もうすぐ赤ちゃんに会えると思うと楽しみで仕方ないですよね。しかし、その一方で不安も多いことでしょう。出産を控えた妊婦さんは、どのような準備をしておくと良いのでしょうか。
ここでは、出産前の症状や、出産方法などを解説しています。また妊娠中や、妊娠前の女性にも参考になる記事をまとめています。

妊娠検査


妊娠がわかると「妊婦検診」のために、定期的に病院へ通うことになります。妊婦検診とはいったい何をするのでしょうか?
下記の記事では、病院で行う妊婦検診について解説します。どのような検査をするのか知っておくことをおすすめします。

>> 詳しい情報はこちら
妊娠中に行う病院での検査~妊婦検診~

おしるし

おしるしが出ると、出産までもうすぐだと言われますが、その「おしるし」とは一体どのようなものでしょう。また、おしるしに備えて何を準備すればよいのでしょう?
下記の記事では、出産前の「おしるし」について解説します。いざというときに慌てないためにも、おしるしについて知っておきましょう。

>> 詳しい情報はこちら
出産前に出ると言われる「おしるし」ってどんなもの?

自宅出産

出産の選択肢の幅が広がり、近年は自宅出産を選ぶ妊婦さんも少しずつ増えてきています。
しかし、自宅出産は誰にでもできるものではないようです。
下記の記事では、自宅出産がどのように行われるのか、メリットやデメリットについて解説しています。自宅出産をお考えの方は参考にしてみてください。

>> 詳しい情報はこちら
自宅出産ってどんなふうに行われるの? メリット・デメリットは?

無痛分娩

厚生労働省研究班は、3月16日、2010年1月から16年4月までに報告された298人の妊産婦死亡例を分析した結果、無痛(和痛)分娩を使用していた例が13人であったことを明らかにし、医療機関に対し、急変時に対応できる十分な体制を整えた上で実施するよう求める緊急提言を発表しています。
日本でもここ数年、無痛(和痛)分娩で出産する女性が増加しつつあります。耐えがたい陣痛の激しい痛みをそれほど感じることなく出産できる、というのが選ばれる理由のようです。

下記の記事では、無痛(和痛)分娩についての簡単な解説及び用いられる硬膜外麻酔の概要や効果、副作用などについて紹介しています。

>> 詳しい情報はこちら
国内で死亡例!? 陣痛の痛みを抑えることができる無痛分娩、その方法やリスクは?

高齢出産

メディアではときどき、高齢出産する芸能人のニュースが話題となります。芸能人ということで注目を浴びていますが、女性の社会進出の影響を受けて「晩婚化」の傾向は社会全体に広がっています。
日本産婦人科学会では、35歳以上の初産婦を「高年初産」とし、ハイリスク妊娠として定義しています。
下記の記事では、ハイリスク妊娠について解説しています。

>> 詳しい情報はこちら
高齢出産の芸能人が増えている~ハイリスク妊娠~

関連記事

この記事に含まれるキーワード

おしるし(8) 妊娠検査(4) 無痛分娩(3) 高齢出産(12) 自宅出産(2)