血管年齢が若返る食べ物って?

2018/8/30

山本 康博 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 呼吸器内科医

山本 康博 先生

血管の老化度や、動脈硬化の進行度の指標となる「血管年齢」。この血管年齢は年を重ねるごとに上がっていってしまうものですが、食べ物で若返る可能性があるともいわれています。血管年齢を若返らせる有効な食べ物などについて、以降で解説します。

血管年齢が若返る食べ物って?

加齢とともに骨や筋肉が衰えるように、血管も老化していきますが、実は食事を工夫すれば血管年齢が若返る可能性があることがわかっています。

そもそも血管は、血管を保護する「外膜」、血管への圧力を調整する「中膜」、血液に直接触れる「内膜」の三層構造でできています。このうち内膜には、血液をサラサラに保ったり、有害物質を血管壁に侵入しにくくしたりする「内皮細胞」が存在するのですが、この内皮細胞は食生活の改善によって機能が回復するため、血管年齢の若返りにもつながると考えられているのです。

以降では、血管年齢の若返りに有効とされる食べ物をいくつかご紹介します。

DHAやEPAを含む青魚

サバやアジなどの青魚に含まれる良質なタンパク質は、内皮細胞の新陳代謝を促進させる効果があるといわれています。また青魚は、血管をやわらかくしなやかに保ち、動脈硬化(血管が硬くなること)を予防するDHAやEPAなどの脂肪酸も豊富に含んでいるため、その点でも血管の老化を防ぐ効果が見込めます。

亜麻仁油

亜麻仁油やエゴマ油などに含まれる「オメガ3脂肪酸」は、血管壁にくっついた悪玉コレステロールを除去し、血管を保護する作用があることから、血管の若返りにつながる油と考えられています。

ブロッコリースプラウト

ブロッコリースプラウトには「スルフォラファン」という抗酸化作用のある栄養素が豊富に含まれており、動脈硬化を引き起こす活性酸素を除去する効果があるとされます。

大豆製品

納豆などの大豆製品には、「大豆イソフラボン」など抗酸化作用のある成分が含まれているため、ブロッコリースプラウトと同様、血管を保護する効果があると考えられています。

ブルーチーズ

ブルーチーズに含まれる「ラクトトリペプチド」という成分は、血管の柔軟性を回復させ、血管をしなやかに保つ効果があるとされます。

トマト

トマトは、血管を強化するビタミンCと、血行を促進させるビタミンE、さらに強い抗酸化作用をもつリコピンも含んでいるため、血管の保護や若返りの効果が高い野菜と考えられています。

生姜

血管の内皮細胞からは「一酸化窒素」が出るのですが、この一酸化窒素は血管を拡張させ、しなやかにし、動脈硬化を予防する効果があるとされます。一酸化窒素は血管が拡張することによっても放出されるため、生姜や唐辛子などの血行をよくする食べ物でも、一酸化窒素の分泌を増やす効果が得られると考えられています。

コレステロール・塩分のとりすぎにも要注意

血管年齢が若返る食べ物をいくら食べていたとしても、血管に負担となる食べ物も同時に食べ続けていたのでは意味がありません。ケーキや生クリーム、肉の脂身、魚卵など、コレステロールを上昇させる食べ物はできるだけ控えめにしましょう。

また、塩分のとりすぎにも要注意です。塩分を過剰摂取すると血圧が上がり、内皮細胞の機能が低下したり、血管そのものが傷んだりします。ハムなどの加工肉や味噌汁、ドレッシングなどの調味料の過剰摂取はしないよう心がけましょう。

おわりに:血管年齢が若返る食べ物は、身近にいっぱい

血管年齢を若返らせる効果が見込める食べ物には、さまざまな種類があります。いずれもスーパーなどで簡単に購入できるものばかりなので、日々の献立に取り入れてみてはいかがでしょうか。

この記事に含まれるキーワード

食べ物(94) 塩分(36) コレステロール(30) EPA(13) DHA(11) 血管年齢(12) 若返る(5) ブルーチーズ(1) ブロッコリースプラウト(2) 亜麻仁油(1)