テタニー症状って?どんなときに発症することが多いの?

2018/10/19

山本 康博 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 呼吸器内科医

山本 康博 先生

「テタニー症状」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。今回はこのテタニー症状の特徴や原因、治療法など、全般的な情報を解説していきます。

テタニー症状とは

テタニー症状とは、手足や顔の筋肉にしびれや痛みを伴う痙攣が起こることです。指先や唇周囲といった狭い範囲にしびれが現れることもあります。しびれに続いて、強いこわばりが起こり、筋肉が痙攣を起こし始めます。重症化すると、意識を失ってしまうほどの強い痛みを伴うことがあり、興奮や不安といった精神症状もあらわれます。また、全身の筋肉に症状が広がり、呼吸に関わる筋肉にも問題が生じます。

全身の筋肉のこわばりや痙攣は、てんかん発作の症状にも似ていますが、テタニー症状とてんかんの原因は別です。てんかんは脳内の神経の異常ですが、テタニー症状は血液中のカルシウム量が減少したときに起こります

テタニー症状の原因は?

テタニー症状は、血液中のカルシウム量が減少したことによって起こるため、さまざまな疾患が原因となります。

たとえば、難病にも指定されている副甲状腺機能低下症があります。副甲状腺機能低下症は、副甲状腺ホルモンの分泌が少なくなることで血液中のカルシウム量が低下する病気です。遺伝子異常や、甲状腺など頸部の手術後、免疫異常などさまざまな要因によって起こります。

また、骨粗鬆の治療に用いられるデスノマブ(ランマーク®)という薬剤は、重大な副作用として血液中のカルシウム量の低下を挙げています。使用開始から数日後に症状が現れることがあるため、血液検査と経過観察を注意深く行うことが必要な薬です。また、腎機能の低下している患者への投与についても、慎重な見極めが必要とされています。

さらに、テタニー症状は過換気症候群の症状のひとつとして起こることがあります。不安や緊張が強い状態で呼吸を何度も繰り返していると、血液がアルカリ性に傾きます(アルカローシス)。アルカローシスの状態になると呼吸をつかさどっている神経(呼吸中枢)は、呼吸のしすぎと判断をして呼吸を抑える方向で作用しますが、本人は息苦しさを感じて余計に呼吸をしようとするため症状が悪化します。そうして血液がアルカリ性になると血液中のタンパク質とカルシウムの結合が起こり、血液中のカルシウム濃度が低下してしまいます。その結果、症状のひとつとしてテタニー症状が起こるようになるのです。

テタニー症状が出たら、どうやって治療するの?

テタニー症状の急性期治療は薬物療法が中心となり、カルシウム製剤の投与を行います。ビタミンDはカルシウムの吸収を助けるため、同時に投与や服用が行われることもあります。テタニー症状の治療は対症療法であり、その原因となっている疾患の診断や治療が大切になります。

おわりに:テタニー症状は原因疾患の治療が必要。症状が治まっても必ず病院へ

テタニー症状は、さまざまな原因で血液内のカルシウム濃度が低下することで起こります。手足や唇の周りなどのしびれや、重症になると全身の筋肉の痙攣やこわばりが起こります。治療ではカルシウム剤の投与が行われますが、テタニー症状が落ち着いても原因となる疾患の治療が大切となります。症状が治ったからといって放置せず、必ず病院を受診して適切な治療をしてもらいましょう。

関連記事

この記事に含まれるキーワード

カルシウム(36) 過換気症候群(6) 副甲状腺機能低下症(3) テタニー症状(1) デスノマブ(1) ランマーク(1)