痛風とは・まとめ ~ 症状・原因・予防法など ~

2017/10/25

山本 康博 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 呼吸器内科医

山本 康博 先生

痛風は、関節炎の一種です。痛風のある人は、尿酸が蓄積し、関節に鋭い針状の結晶を形成することがあります。これは罹患した関節に痛みおよび腫れを引き起こすとされています。
ここでは、痛風の原因、治療、予防法などをまとめています。痛風が気になる人は、参考にしてみてください。

痛風の予防

激しい痛みを伴う病気のひとつとして知られているのが「痛風」です。実際周りの人から「痛風なんだけど、歩けないくらい痛くて…」という話を聞いたことがある方もいるかもしれません。
下記の記事では、痛風を予防するためにできることをまとめています。

>> 詳しい情報はこちら
激痛はイヤ! 痛風を予防するためにできることを知りたい

痛風の原因

健康診断で「尿酸値が高い」と指摘されたことはありませんか?尿酸値が高いと、激しい痛みを伴うことで有名な「痛風」を発症させるリスクが高くなるといわれています。
下記の記事では、痛風を引き起こす原因や対処法を解説しています。

>> 詳しい情報はこちら
痛風の原因と対処法 ~ 尿酸値が高いと言われたら要注意! ~

痛風の治療と食事

痛風は痛みを伴う疾患の中でも特に痛い病気として知られています。痛風を予防するにはどうすればよいのでしょうか?
下記の記事では、痛風改善に効果的な食べ物を紹介しています。

>> 詳しい情報はこちら
痛風改善に効果的な食べ物は? ~ 治療と食事で痛まない体に ~

女性の痛風

「痛風=男性がかかる病気」というイメージをお持ちの方は多いかと思いますが、実は近年、女性の痛風患者は増加傾向にあります。では、なぜ女性でも痛風になるのでしょうか?下記の記事で、原因と対処法をまとめています。

>> 詳しい情報はこちら
女性も痛風になることがある? その原因と対処法を知りたい

足首の痛風

「風が吹いても痛い」と言われるほどの激痛が突然襲ってくる「痛風」。親指の付け根付近に症状が現れることが多いですが、ときには足首や足の甲に現れることもあります。
下記の記事では、痛風の原因や捻挫との違いについて解説しています。

>> 詳しい情報はこちら
痛風の症状が足首に出ることもあるって本当? 捻挫との違いは?

偽痛風

60歳以上の高齢者で、突然、関節の痛みを訴える人がいます。痛風の症状とも似ているため間違えやすいですが、痛みがある場所によっては偽痛風である可能性があります。
下記の記事では、偽痛風について解説しています。

>> 詳しい情報はこちら
偽痛風ってどんな病気? ~ 痛風とは異なる病気です ~

痛風結節

痛風が慢性化していくと、関節などにコブができることがあります。これは、増えた尿酸が皮膚の下にもたまっていくことで起こりますが、放っておくと日常生活にも影響する怖いものです。
下記の記事では、痛風結節の原因や改善方法について解説しています。

>> 詳しい情報はこちら
痛風結節とは ~ 関節にコブのようなものができたのはなぜ? ~

関連記事

この記事に含まれるキーワード

偽痛風(4) 痛風結節(5) 痛風の予防(1) 痛風の原因(1) 痛風の治療と食事(1) 女性の痛風(1) 足首の痛風(1)