血糖値とは ― 数値が高いと体にどんな影響がある?下げるコツは?

2018/9/29

山本 康博 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 呼吸器内科医

山本 康博 先生

中高年以降になると耳にする機会の多くなる血糖値ですが、この数値は高いと体に良くありません。
高血糖とはどのような状態なのか、高血糖になると体にどのような影響を与えるのか、高血糖がもたらす怖い病気について説明していきます。

血糖値って何を表す数値なの?

私たちの体はブドウ糖と呼ばれるエネルギー代謝のもとを消費して活動しており、血液中のブドウ糖の濃度のことを血糖値といいます

健康な人の場合、空腹時の血糖値はおおよそ80~100mg/dL程度、食後は若干高い値を示します。

食後の血糖値が上がった状態になると、膵臓からインスリンが分泌されます。また、血糖値をあげるグルカゴン、アドレナリン、コルチゾール、成長ホルモンなどのホルモンにより、狭い範囲の正常値が常に保たれていることが一般的ですが、インスリンが十分に分泌されなかったり、インスリンの働きが悪かったりすると慢性的な高血糖状態が続き、この状態を糖尿病と呼びます。

反対に、血糖値が必要量以下の値になっている状態を、低血糖と呼びます
低血糖になると大きく影響を受けるのが脳で、血糖値が50 mg/dl未満になると脳がエネルギー不足になり、強い空腹感や冷や汗、ふるえ、動悸などが起こり、重症になると意識がなくなります。

このように、血糖値は高すぎる場合も低すぎる場合も大変危険な状態なのです。

血糖値が高いままだと、体にどんな影響が出る?

慢性的に血糖値の高い糖尿病を放置しておくと、血管が脆くなりさまざまな合併症を引き起こします。
これは血管が脆くなり損傷することで、酸素や栄養がうまく行き渡らなくなることが原因であり、全身のあらゆる臓器・器官に影響を与えます。

糖尿病の合併症は、細い血管に起こる細小血管障害と太い血管に起こる大血管障害に大きく分けられます。

最小血管障害には糖尿病網膜症糖尿病腎症糖尿病神経障害があり、これらは糖尿病の罹患期間が長くなるにつれて発症率が高くなっていきます。
これら3つの合併症の特徴は以下の通りです。

糖尿病網膜症
高血糖によって網膜の毛細血管に障害が起こり、十分な血液が供給されない状態です。
目のかすみや視力障害、眼底出血による突然の視力低下などが起こり、最悪の場合失明するケースもあります。
糖尿病腎症
糖尿病によって、腎臓のろ過機能を担う糸球体に異常が生じ、体内の老廃物や水分、塩分の排泄がうまくできず、最終的には血液透析や腎移植が必要になります。
糖尿病神経障害
障害が起こっている神経によって異なった症状があらわれます。
手足のしびれ、感覚鈍麻、大腿部の筋萎縮、筋力低下、顔面神経麻痺、たちくらみ、異常発汗、胃のもたれ、便秘、下痢、動悸、勃起不全などです。
糖尿病患者の約40%がこれらの神経障害を持っているといわれています。

一方、太い血管で起こる大血管障害では、動脈硬化が引き起こされます。
動脈硬化が脳の血管で進行すると脳梗塞、心臓で進行すると狭心症や心筋梗塞、足の血管で進行すると閉塞性動脈硬化症になります。それぞれの部位での特徴は以下の通りです。

糖尿病患者は、糖尿病でない患者に比べて脳梗塞の発症リスクが2~4倍高くなっており、若い世代に多いのが特徴です。
心臓
狭心症や心筋梗塞を起こしやすく、神経障害を伴うために無痛のケースが多いです。
近年では日本人の発症頻度の増加が問題となっています。
健康な人に比べて3倍近くのリスクで、閉塞性動脈硬化症を発症します。
一定の距離を歩くと足が痛くなったり、冷えやしびれを感じたり、重症の場合では安静にしていても痛みを感じ、やがて末端の皮膚潰瘍や壊死を生じるケースもあります。

血糖値の数値を知るためには、どんな検査をする?

血糖値の正常値は、空腹時で110mg/dl以下です。
健康な人であれば食後に血糖値が上がっても、インスリンの分泌で再び正常値に戻りますが、糖尿病の疑いのある高血糖の人はこの働きがうまく作用せず、高い数値を示し続けます。

血糖値の数値を知るための検査は、食事の影響によって変動する血糖値を3つのタイミングで測定したものです。

随時血糖検査
食事と無関係に血糖値を測定します。
数値が200mg/dL以上ある場合は、糖尿病型と診断されます。
空腹時血糖
10時間以上絶食した状態の血糖値を測定します。
126mg/dL以上ある場合は、糖尿病型と診断されます。
ブドウ糖負荷試験
10時間以上絶食した状態の血糖値を測定し、75グラムのブドウ糖を飲んだ後30分、60分、120分の血糖値を測定します。
明らかに糖尿病の自覚症状がある患者には、さらに高血糖を引き起こす可能性があるためこの測定方法は行ないません。

血糖値を下げるにはどんなことをすればいいの?

血糖値を下げる方法に薬物治療は大変効果的ですが、合わせて有酸素運動や筋力トレーニングなどを行うのも大変良いとされています。

酸素運動や筋力トレーニングによって筋肉への血流が増えると、ブドウ糖がどんどん細胞の中に取り込まれ、インスリンの効果が高まり、血糖値が低下するのです。
ややきついと感じるくらいのウォーキング、ジョギング、スイミング、サイクリングなど、ゆっくり長時間行える運動がおすすめです。

しかし今まで運動の習慣がなかったのに急激に始めると、思わぬケガや事故につながる可能性があるので、まずはストレッチや準備体操を十分に行ない、最初は軽い運動から少しずつ慣らしていきましょう。
最低でも週に3回、1回につき20から60分、1週間に150分以上行いましょう。

おわりに:まずは自分の血糖値を知って、異常の早期発見を

血糖値は高すぎても低すぎても、体に危険な影響を与えます。高血糖に気づかず、いつの間にか重篤な状況になってしまうことも珍しくありません。
生活の質を落とすような怖い病気にならないために、ぜひ自分の血糖値を知る機会を作りましょう。

関連記事

この記事に含まれるキーワード

低血糖(48) 高血糖(32) 動脈硬化(89) 糖尿病網膜症(8) 糖尿病神経障害(7) ブドウ糖負荷試験(4) 糖尿病腎症(6) 食後高血糖(6) 空腹時血糖(2) 血糖値を下げるコツ(1) 血糖値が高い(1) 随時血糖検査(3)